カードローン金利の計算方法

電卓を持つ女性
銀行や消費者金融などが発行しているカードを利用してお金を借りるのが、カードローンです。

 

住宅ローンやマイカーローンと比べると金利はやや高めの設定になっていますが、カードローンは、借りたお金を自由に使えるというメリットがあります。

 

借りたいと思ったときに、ネットを利用すれば24時間365日利用できるところが多く、即日融資のところも増えており、すぐにお金を借りることができます。

 

そんなカードローンの金利ですが、30日毎の月割り計算、いわゆる月利となっています。

 

例えば年利18%で100万円借りたとします。この場合まず月利を求めるのですが、
18%÷12で1.5%となります。

 

この1.5%の月利に100万円をかければ、金利がでます。
ちなみに0.015×100万円で15,000円となります。

 

ですから年利18%で100万円借りたときは、毎月15,000円の金利を支払うことになります。

 

この18%は、利息制限法ギリギリの金利となっており、消費者金融などのキャッシングの場合はこの金利の前後となっています。

 

実際の銀行カードローンの金利は、もう少し低めになっています。

 

ちなみに5%で100万円を借りた場合には、5%÷12で0.6%となり、0.006×100万円で6,000円となります。

 

ですから、少しでも金利が安いところで借りた方が、返済する金額が安くなります。

このページの先頭へ