沖縄県でも借りれるキャッシング > カードローンの豆知識 > 在籍確認なしのカードローンについて

在籍確認なしのカードローンについて

電話
カードローンの申し込みを行う際には、金融機関からの審査を受けることが必要になります。

 

審査では勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認とは、申込者が本当に勤務先に在籍しているかを確認するための電話のことです。

 

本人が在籍しているかを確認するだけですので、勤務態度や人間性、年収などを聞かれることはありません。

 

在籍確認の電話は、金融機関の名前は一切出さずに個人名で電話をしますので、会社の人にカードローンを申し込んだことが知られることはありません。

 

この在籍確認の電話は、カードローンの審査時には必ず実施されますが、在籍確認なしのカードローンも数は少ないですが存在します。

 

ただし、在籍確認なしにするためには、一定の条件が必要になります。

 

在籍確認なしにするためには、申し込み時にオペレーターに、在籍確認なしにしたい旨を事前に伝えることが必要になります。

 

それに加えて、勤務先の健康保険証や直近3ヶ月間程度の給料明細書を提出すると、在籍確認なしになる場合があります。

 

ただし、アルバイトやパートで、国民健康保険に加入している場合には、在籍確認をなしにするのは難しい場合があります。

 

銀行系のカードローンの場合は、その銀行の普通預金の口座を既に開設していて、会社の健康保険証や健康保険組合の健康保険証を銀行に持参すると、在籍確認をなしにすることができる場合があります。

 

在籍確認をなしにするためには、金融機関の窓口で申し込み手続きをすることが必要になります。

このページの先頭へ